〇「これからの僧侶はしっかり修行をして特別な能力を持たなければならない!」H29,3,12

〇「お寺が山の中にあるのは、大自然のエネルギーと清浄な場所だから!僧侶もまた、世俗から離れて大自然のエネルギーの中に身を置いて、心身ともに清浄にして、国家安泰、世界平和を祈る!それが個々人の幸せへと繋がる!」と。H29,3,10

相手を責める前に自分が正しい生き方をしているか考えなさい(山の神) H28.11.4・・・たとえ相手が間違っていてもそんなことはどうでもよい。自分が正しく生きること(仏道を歩むこと)が大切だ。相手を責めて(十善戒を守らず)心を乱してしまえば、結局自分の運気を下げてしまうと山の神様は言われたのです。

                                                                        

○どんな時でも心を浄化して置きなさい(白巳大明神)H28,9.1・・・生きていると不安や心配事はあるけれどもどんな時でも心は不動心、心を動かすことなく心正しく生きて生きなさい。悩めば悩むほど運気を下げてしまうのだから、心はいつも平常心、不動心でドンと構えてことにあたりなさい。と、教えられました。

                                                                         

 

〇通らなければならない道(愛染明王様)・・・浮気で悩んでいた方に言われたお言葉です。前世、浮気をして連れ添いを苦しめていたからこの世でその業を取る為に今がある。離婚をしてしまったら前世の借金を返せないから辛抱をしなさい。と、言われました。

 

 

 〇すべては与えられている(北向き地蔵様)・・・次男が「いじめられているから学校に行きたくない」と言ったときに子育てに霊験あらたかな北向き地蔵様に頂いたお言葉です。すべては与えられている!のですから逃げても仕方がない。前向きに考えて対処しなさい。と教えられました。苦しみの中から人は人として成長していくのです。

 

                                                                                    〇吞山観音がそれなりに大きな寺になったのは、そこに住み者たちのそれなりの努力があったからだ(吞山観音のお大師様)・・・篠栗霊場参拝の折、立派なお寺になったな~と思ったときに、吞山観音の大師様から頂いた言葉です。すべては努力の結果ということです。まだまだ私たちの努力が足らないと言われました。

〇そんなことはどうでもよい。掃除をさせていただくその気持ちが大切だ(篠栗霊場ご本尊様)・・・清掃をしながらの篠栗遍路。ご本尊様にお茶もお水もお供えされていないと思った瞬間に、ご本尊様から言われた言葉です。

○今を幸せと思わなければ明日の幸せは来ない(お大師様)・・家族に対して不足不満の気持ちが強く感謝しない信者さんに、お大師様がくださったお言葉です。 今がどんなに幸せであるか気付きなさいよ! 感謝の目で見たら幸せはたくさんありますよ! 感謝の心で生きていたらもっと幸せになりますよ! プラス思考はプラス(幸せ)を呼び、マイナス思考はマイナス(不幸)を呼び込むことを、お大師様は教えてくださいました。 皆様も感謝とプラス思考で日々をお過ごしください。 そうすれば、どうな状況であっても必ず道は開けます。 どうぞ精進してください。 合掌

〇偶然そこに生まれてきたのではない。縁あって生まれてきた(御大師様)